橋下に宣戦布告をした愚かな民主党(岡田幹事長)

お知らせ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大阪府の橋下徹知事が率いる地域政党大阪維新の会」について、民主党の岡田幹事長は17日、「我々とは違うところもかなりあると思うので、大いに競い合っていく。どちらがいいか有権者に判断してもらう」と述べ、来春の統一地方選で正面から迎え撃つ考えを示した。

 これに対し、民主党政権に強い発言力を誇ってきた橋下知事は「民主党では役所の解体はできない」と、〈戦闘モード〉全開。


橋下の政治スタイルは小泉元総理と同様、敵を作り戦う姿を見せることで有権者の支持を集めるというものだ。橋下にとっては、岡田幹事長の今回の発言は願ったりのものだろう。国vs橋下。巨大な国に挑戦する橋下。彼はここぞとばかりに激しく罵り、府民にアピールし、そして府民は強烈に応援するだろう。


橋下は常に敵を求めている。今のターゲットは大阪市及び大阪市長なのだが、これが国となると俄然燃えるだろうし、マスコミもおもしろがって取り上げるだろう。そして彼の支持率はまた上がっていく。「戦闘モード」こそ彼の支持率を維持する為に必要なのだ。そんな男に対して全面対決を宣言するなど愚かとしか言いようがない。民主党は無駄に敵を作りすぎる。まあ自分はアンチ民主党なんで別にいいですけどね。



終わり