読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

【大連立】−菅直人は即刻辞職すべし

正直どうかしているとしか思えない。

民主党というより菅直人内閣総理大臣】が、である。

建国以来最大級の危機の中で、総理大臣が野党に政局を仕掛けるという暴挙に出た。

地震、津波、原発事故に直面し、せっかく与野党が協力して国難に立ち向かうという空気ができ始めた矢先に全てがぶち壊されてしまった。

しかも、本気で救国内閣をつくり国難に立ち向かうとは到底思えないやり方だった。

自民党に対して事前の根回しを全く行わず、一部の新聞に事前にリークしてから谷垣総裁に電話をかけ要請した。しかも権限もはっきりしない新設の大臣ポストしか用意しなかった。

初めから拒否されることを見越しての要請としか思えない。

この大連立騒動からは自民党が受けようが拒もうが自分は損をしないといういやらしい計算が透けて見える。

そしてこの国難を自分がリーダーシップを発揮して乗り越えるのだ!という強い意志を持った総理大臣ではなく、国難を利用してまで自分の権力維持をはかる卑しい男の姿が透けて見える。

福島第一原発は依然として予断を許さない状況であり、大震災の被災者には十分な物資が全く届いていない。

万年党内政局を繰り返したかつての大自民党も何でも反対だった旧社会党も自然災害などの非常時は政局を避けた。

それが3流と笑われようとも日本の政治の最後の良心だったはずだ。

しかし、菅直人はこの混乱のさなか政局を自ら仕掛けた。

国難の中でさえ国民よりも自分の事を考えていることを隠そうともしない総理を我々日本人は担いでいるのだと思うとゾッとする。

まあ、菅直人が国民生活よりも自らの権力維持を第一に考えているのは以前からうすうす気づいてはいた。

予算関連法案の取り扱いでマニフェスト修正と与野党合意を拒否し、チキンレースを自ら選択した辺りから。

そして、今回確信した。

菅直人という男は総理大臣にしてはいけない男だ。

常人離れした嘘つきである鳩山由紀夫も総理になってはいけない男だったが

国民が困難に喘いでる中でさえ自らの権力維持しか考えられない菅直人も総理してはいけない男だった。

私は生まれて初めて総理大臣に対して嫌悪と憎悪と軽蔑の念を抱いた。

鳩山に対してでさえ軽蔑の意識しか無かったのだが。

日本人がみんなで頑張ろう!と言っているさなかに、そのトップは自分の権力維持と政権延命だけを考えている。

あまりの卑劣さとあまりの醜さに体が震える。

菅直人は一人の人間としても下劣だ!

さっさと総理の座から去るべし!!!