歓迎 野田佳彦新首相誕生

ページが見つかりません - MSN産経ニュース


代表選レースで失速したと思われていた野田佳彦がおおかたの予想を覆す形で勝利を収めた。

やっとまともな人が民主党の代表になったことを素直に歓迎したい。

鳩山・菅時代の政治の混乱は彼等の特異なパーソナリティによるところもあった。

病的な嘘つきで国民までも振り回した鳩山

組織マネジメントの意識が全くなかった菅

野田佳彦は外から見てだが、常識人であるように思えるし

前任者たちのように首相個人の人間性が政治の混乱に拍車をかけるおそれは少ないと思う。

財務省の犬という批判はあるが

ぶっちゃけ増税路線だろうがなんだろうが政治が進むなら何でもいい状況に日本は入ってると思う。

上げ潮派vs財政再建派の議論は色々形を変えつつもう何年も続いている。

いい加減に政策実行に移るべきだろう。

不景気に増税したらもっと悪くなるという批判もよく分かるが

堂々巡りの議論もいい加減ウンザリで早く次のステップに何でもいいから移って欲しい。

それにしても前原や海江田でなくて本当に良かった

前原は国交・外務大臣時代のやらかしで能力が全くないことが明らかになってたし

海江田も例の涙や菅辞職当日に辞表を出すなど決断力のなさ、精神力の脆弱さが見えていた。

しかし、小沢の弱さは一体どうしたのだろうか。

昨年の代表選、不信任案、そして今回の代表選

負けっぱなしである。

いよいよ蓄えてきた金が底をつきはじめたからなのだろうか。

小沢教の勢いも急速に衰えているように見える。


気になることが一つある。

代表選で野田の勝利が決まった時、拍手がまばらだったのだ。

菅の時に比べて熱気が殆ど感じられなかった。

小沢陣営はもちろん反小沢陣営も候補者乱立で深い亀裂が入ったのかもしれない