なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

【鉢呂発言問題】愚かな陰謀論

当事者が初めて語った「放射能失言」の裏側!鉢呂経産大臣は原発村を揺るがす 「原発エネルギー政策見直し人事」 の発表寸前だった | 長谷川幸洋「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社]


脱原発を進めようとした鉢呂を経産省が嵌めたという陰謀論だが

まさに、『これはひどい』。

状況証拠から見て鉢呂が言われているような言動をマスコミの前で取ったのは間違いない。

身に覚えがあったからこそ鉢呂は辞表を提出し

何があったのか大体把握していたからこそ野田はそれを受理し

官房長官と幹事長は発言の真偽ではなくオフレコ漏れを問題視した。

鉢呂が明確に否定できず曖昧な態度に終始しているのも

身に覚えがあることを暗に示している。


前回書いたように

今回の騒動は自民党時代から長年続く『言葉狩り』なのであり

オフレコ破りもまた民主党政権の力の衰退を表しているだけだ。


自分は今回の発言で鉢呂がやめる必要は全くないと思うし

『神の国』『生む機械』のころから変わらず失言で政局を作ろうとするマスコミにはムカムカするものがあるけれども

フリーメーソンのごとく財務省や経産省を黒幕に仕立て上げ非難する風潮もまた混乱に拍車をかけるものでしかないと思う。

それにしても最近の長谷川幸洋はひどい。

郵便ポストが赤いのも原発を推進する経済産業省の陰謀だ、ばりの強引な論調ばっかりで辟易する。

全部記者クラブのせい、と連呼していた上杉を思い出させる。

こういう何でもかんでも自分の主張に利用しようとする輩は問題をさらに複雑化させるだけなので、本当に引っ込んでいて欲しいものである。