【自民党】谷垣総裁の限界と衆参同時選挙

お知らせ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

消費増税を党の公約に掲げながら与野党の事前協議を拒む谷垣氏の姿勢に、党内では不満も広がっている。この日の追及にも、谷垣氏を支えるはずの自民党議員からは「自民党は反対ばっかりという印象は変わらない」(小泉進次郎衆院議員)との声が漏れた。

レームダック化する谷垣総裁

谷垣総裁が解散を声高に叫んでるが、それは今年9月にある総裁選で続投するための実績作りとしてなんとしても『話し合い解散』に持ち込みたい個人的な事情がある。

そしてその個人的事情が周囲にバレバレなために谷垣総裁がいくら叫んでも党の解散熱は上がって行かない。

一方、自民党内には消費税増税といった自民党が政権に戻ってもやらなくてはならないものを民主党に片付けさせれば、民主党の勢力も削れ政権復帰後も楽になるという一挙両得の計算がある。

自民党議員は自民党の都合と谷垣総裁個人の都合のどちらを優先させるだろうか。

当然自民党の都合だ。

谷垣総裁が消費増税の審議を突っぱね続け廃案になりそうなところまで行けば

谷垣は下ろされ総裁選の前倒しというようなことになるだろう。

しかし仮に自民党の都合に合わせるように谷垣総裁が振舞ったとしても『谷垣では次期衆院選は戦えない』という声が既に広がってしまっているので続投は難しい。

攻めるしか無い谷垣総裁だが、その底は党内からも与党からも見透かされてしまっている。

もはや谷垣総裁はレームダック化しているといえるだろう。


◆国政安定のためには衆参同時選挙を

個人的にはこの流れを歓迎している。

自分は国政安定のためには2007年の参院選後に崩壊した与野党の信頼関係の再構築するか、衆参同時選挙により自公が両院で過半数を取るしか無いと考えていた。

『熟議』といった言葉も盛んに聞かれたが、2007年の参院選後に民主党の暴虐によって生まれた与野党間の遺恨は予想以上に深く信頼関係の再構築はどうやら不可能な事がわかった。

従って国政安定のためには衆参同時選挙によって両院で自公が過半数をとるしか無い。

今国会で解散においこんで中途半端に勝利しても再び衆参ねじれになるだけである。

まあ三分の二近くが落選する可能性が高い民主党は解散を絶対しないだろうが。

自民党がすべきことは民主党に不人気政策を片付けさせ、来るべき衆参同時選挙での圧倒的勝利に向けて民主党の勢力を削り取っていくことである。

自分は前回の参院選で崩壊寸前の自民党の勢力を結集し都市部を捨て地方だけを取りに行き勝利した谷垣総裁の功績は評価されるべきだと思っている。

しかし谷垣総裁が個人の都合を優先させ衆参同時選挙勝利及び国政安定を妨げる可能性があるなら彼を早く取り除くべきだろう。