なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

国会事故調査委員会ー『東電撤退は勘違い』

6月8日、国会東京電力福島原発事故調査委員会は東京電力前社長の清水正孝を参考人招致を行い、主に『東電撤退』について聞いた。


国会事故調 第18回委員会 参考人:清水正孝 2012/6/8 

国会事故調 第18回委員会後 黒川委員長による記者会見 

東電全面撤退は無かった

結論から言えば、『東電全面撤退』という話は官邸と東電本店の間で上手くコミュニケーションが取れなかったために起こった勘違いということになった。

ま、分かってたけど。

朝日新聞デジタル:どんなコンテンツをお探しですか?

東京電力福島第一原発事故を検証する「国会事故調査委員会」の黒川清委員長は8日、国会内で記者会見し、東電の清水正孝社長(当時)が原発作業員の「撤退」を政府に申し出たとされる問題について、「全員撤退」ではなかったとの見解を示した。


国立国会図書館-NDL東日本大震災アーカイブ

2. (このような)当初からの両者の認識の食い違いや、官邸と東電の間の相互の信頼が無い中で生じたコミュニケーションのミスが、今回の「退避」を巡る両者の食い違いに発展した一つの原因と考えられる。

3. 現場は一貫して炉の問題を解決するために、懸命に取り組んでおり、撤退ということを考えていなかったことは本日の証言に限らず、我々の調査から判明している。

この間、東京電力が、いわゆる「全面撤退」を決定した形跡は見受けられない。


今回の委員会では2時間近く『東電撤退』についての質問が続けられたが、東電撤退オッチャーの自分から見て新たな材料は殆ど出なかった。

      1. 吉田所長も含めて全く誰も撤退なんて考えていなかった
      2. 首相も参議院予算委員会で官邸に呼ばれた清水が撤退を否定したことを認めている

という従来どおりの主張を清水は繰り返していた。そして事故調による調査もそれを裏付けていたので、色々突っ込みを入れながらも事故調は東電側の主張を取り入れた。

新しい情報としては事故調が吉田所長に直接インタビューをしていたことぐらいか。

あと印象的な場面として野村委員が『東電撤退が無かったという見解に事故調が例えなったとしても、それはあなたの証言を信用したのではなく現場の人たちを信用するからです』みたいなツンデレ?的なことを言ってて少し面白かった。

まあこれで菅直人が日本を救ったみたいな悲しい幻想から左派の人たちが覚めてくれればと思うけれど、twitterとか見てても陰謀論に走ってるようなのでたぶん無理なんだろう。


最後まで悪足掻きをした菅直人

一方、先日事故調に参考人招致された菅直人の方は当時と違うことを平気で言っててある意味面白かった。

自分が注目していた点は二つ。

      1. 参議院予算委員会で清水の撤退否定を認めた菅自身の証言と東電全面撤退説の矛盾をどう説明するのか
      2. 海水注入により再臨界を『菅直人』が危惧しその可能性を検討させた、という当時の菅と斑目の国会での答弁と海水注入で再臨界など起きないと知っていたという最近の主張の整合性をどう採るのか

結局、前者は『撤退などありえない』と菅が主張し清水が『分かりました』と受け入れたと、去年の4月の国会答弁とま逆のことを平気で答えた。

そして後者は『メルトダウンした後の燃料が大きな塊になっていて、それが再臨界するのではと思った』のように当時一言も言っていないことをいきなり言い出す始末。しかも、数日前に海江田元経産相が『菅が海水注入により再臨界の可能性はないのかといった』と証言したにもかかわらずである。

事故調査委員会という公の場で当時と違うことを平気で言うのを見ると、やはりこの男は政治家として、いや人間として非常に不誠実なのだということを改めて思わされた。

総理の座から引き摺り下ろされ追放されたのもやはり当然だったのだろう。



国会事故調の報告書がまとまれば菅や枝野らの弁明もまた聞けるだろう。

東電撤退に関するネタもたまっているので、菅たちの言い訳も含めて東電撤退騒動の経緯と、このデマがこんなにも広まった背景などをいずれきちんとまとめてみようと思う。