読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

【政治】自民党の選挙情勢調査


7月中旬、下旬にかけて自民党が情勢調査を行い、自民党220議席、民主党95議席という結果が出たことが8月のはじめごろ話題になっていた。

消費増税と党分裂で民主は100議席割れ!? 永田町に衝撃を与える自民党の選挙情勢調査 | 田崎史郎「ニュースの深層」 | 現代ビジネス [講談社]

 「自民220議席、民主95議席」---。

 自民党が7月中・下旬に行った調査の結果とされる数字が永田町を駆け巡っている。やや誇張されて伝わっているきらいがあるが、それでも6月下旬の消費増税法案の衆院可決とその直後の民主党分裂、さらに元首相・鳩山由紀夫の愚行などによって、民主党への支持は一段と低下しているのは間違いない。


この自民党が行った情勢調査について、もう少し詳しいことが日経の記事に書いてあった。

:日本経済新聞

自民党220議席、民主党95議席――。6日、衆院議員会館。自民党の大島理森副総裁が公明党の漆原良夫国会対策委員長に示した「数字」は、次期衆院選(定数480)に関する情勢調査の結果だった。「谷垣(禎一総裁)を首相にしたい」。大島氏は早期に衆院解散へ追い込む自民党の戦術に協力を求めた。

自民党は春以降7月末にかけて2回、独自の情勢調査を実施した。実際の結果は「220議席を大きく上回り、自民党の単独過半数も可能な数字」(党関係者)だったという。橋下徹大阪市長率いる「大阪維新の会」は60議席台にとどまった。立候補予定者の気の緩みや選挙協力をする公明党への影響を考慮し、谷垣氏らごく一部だけが知る「極秘扱い」とされた。執行部内でも公明党に示したのと同じ下方修正された数字が伝えられた。

単独過半数も可能な数字となれば240台ということだろう。

7月に行われた自民党の情勢調査はおそらく以下のとおりになる。

自民党 245

公明党 30

民主党 95

大阪維新の会 65

共産党 9

社民党 7

諸派(みんなの党、生活等) 29 


おお!なんかリアルな数字だな〜。

公明、社民、共産は議席数がほぼ固定されているのでこれでおそらく間違いない。ただ民主党が瓦解して左翼票が戻る可能性があるので社民共産は若干増えるかもしれない。

あと注目の第三極は大阪維新の会が第三極の比例票を殆ど持っていくか、分散するかでだいぶ結果は変わるだろう。前者の場合は60台に届くだろうし、分散する場合は自民党が漁夫の利を得ることになるだろう。正直これは分からない。まあ比例が第三極の主戦場になることだけは確かだ。

最後に民主党だが、果たして95も取るだろうか。時事通信の世論調査では民主党政党支持率は6.9%まで落ち込んでいる。2009年の衆院選直前の自民党でさえ15.1%あったにもかかわらずだ(ちなみに民主党は18.6%)。

前回の参院選同様、民主党は地方を自民に総取りされ都市部では自民と第三極に挟撃される形となるのは避けられない。しかも今回は世論調査の投票先でもダブルスコアで自民党に負けているので頼みの比例票もおそらく伸びないだろう。

維新の会が80ぐらい取って、民主党が70という場合もありうるかもしれない。

まあとにかく民主党にとって極めて厳しい結果になることだけは間違いないだろう