なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

【【政治】何故左翼は自省しないのか

ページが見つかりません - MSN産経ニュース

中国や韓国との領土問題を「日本がまず侵略について反省すべき」とする日本の知識人の“反日声明”が韓国メディアで大々的に紹介されている。29日の各紙はほぼ全紙が社説でこれを取り上げ「自国の侵略主義を叱る日本の知性」(東亜日報)と大歓迎している。

 声明はノーべル賞作家の大江健三郎氏や元長崎市長の本島等氏、月刊誌「世界」の編集長を務めた岡本厚氏など、反日的な主張で知られる左派や進歩派の知識人、文化人らを含む約1300人が「『領土問題』の悪循環を止めよう」と題し28日、東京で発表した。

 日本ではさして注目されていないが、声明は尖閣諸島竹島も過去の日本による侵略の歴史が背景にあるとして中韓の立場に理解を示している。領土紛争に伴う民族主義感情への批判や否定も主に日本に向けられていて、結果的に中国や韓国の反日民族主義を容認するものになっている。


より詳しい記事
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします。

声明では日本の独島と尖閣諸島の領有権主張に関し、「韓国、中国が、もっとも弱く、外交的主張が不可能であった中で日本が領有した」と指摘。独島については、「韓国民にとっては、単なる『島』ではなく、侵略と植民地支配の起点であり、その象徴である。そのことを日本人は理解しなければならない」と反省を促した。

 また、日中関係に対し、「友好を紛争に転じた原因は、石原都知事尖閣購入宣言とそれを契機とした日本政府の国有化方針にある」と説明した。その上で、「都知事の行動への日本国内の批判は弱かったといわざるを得ない」とし、反省を表明した。


相変わらず日本人に反省を促し、勝手に日本人を代表して反省を表明する日本の左翼だが、彼らは自らを省みるということはしないのだろうか。

社民共産を見れば分かるが、旧来の日本左翼というのは政治的影響力をほぼ失っている。

またその構成員は高齢者ばかりで消滅するのを待つような状況だ。

反原発脱原発ムーブメントに全く相手にされなかったことも、日本の左翼が終わっている事を改めて感じさせた。

日本人に反省を求め、日本人を代表して反省する前に、どうして自分たちがこんなにも日本社会から支持されなくなったのかということ考えないのだろうか。

自分たちの考えが間違っていたのではと自省しないのだろうか。

まあ、はてサとかも見てればわかるが、どうやら自分たちは正しくて今の日本が間違ってると思っているようだが。

自省できずに滅びつつある人達が、社会に向かって自省せよと叫ぶ姿というのは滑稽だ。

お前らが自省しろよ。笑。