読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

【政治】特例公債法案ー最大の障害は公明党

お知らせ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

自民党の安倍総裁が、年内の衆院解散を勝ち取るための戦略を鮮明にした。

 野田首相が解散を判断する条件としている特例公債法案の成立など三つの課題に協力し、首相が解散に踏み切らざるを得ない環境を整える、いわば「太陽路線」だ。それでも解散しない場合は、首相の不誠実さに国民の批判が集中するとの読みがある。ただ、特例公債法案を切り札に「北風路線」で解散を迫りたい公明党との温度差も生じている。

特例公債法案を巡って自民党が強硬な姿勢を示していたが、それは民主党に向けたものではなく、公明党に向けたものであった。

自民党内では衆参同日選挙でごっそり議席をいただくことを期待する声が随分前からきかれていたが、一方では都議選も重なりトリプル選挙になると創価学会員の動員力が分散されてしまう為に解散先送りを公明党が何としても避けたがっているということもあった。

自民党としては特例公債法案をさっさと通してしまっても良かったのだろうが、そうなると早期解散を求める公明党との協力関係にヒビが入る恐れがあった。

如何に公明党からの反発を招かず振り上げた拳を下ろすか。

自民党は『世論の反発』を言い訳に使うことにした。

『近いうちに』という約束を盾に徹底的に民主党との対決姿勢を示し、国民の間で批判の声が高まるのを待ち、批判が強まったところで『公明党さん、国民が怒ってるので降ります。ごめんねー』と軟化路線に移る。

一秒でも長く政権の座にいたい民主党と、衆参同日選挙でごっそりいただきたい自民党。

両者の利害は合致していた。

特例公債法案の最大の障害は選挙が重なることを嫌がる公明党だけであった。

しかし自民党が折れた今、公明党も頑張り続けることは難しいと思われる。

遠からず特例公債法案は通過することになるのだろう。

ただこうしてみていると、与野党の協力というのは難しいと改めて思わされる。

どうせ任期満了まで一年きったんだから、と与野党の協調ムードが生まれるかと期待するところもあったが、そうはならないようだ。

公明党は特例公債法案が通った後も同日選挙回避の為に早期解散を求め続けるだろうし、自民党も与党を助けると選挙を控えて臨戦態勢に入っている落選議員から文句の声が上がるから中々難しいのだろう。

そしてなにより民主党があと数人離党で少数与党になるという状況が大きい。

ノックアウト寸前の相手を前に野党としては殴り続けざるを得ない。

特例公債法案が通って解散が先送りされても、まだまだグダグダな政局は続きそうだ。