読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

【政治】安倍内閣は歴史問題で謝罪せよ

ページが見つかりません - MSN産経ニュース

聯合ニュースによると、韓国訪問中のミャンマーの最大野党国民民主連盟(NLD)党首、アウン・サン・スー・チー氏は1日、太平洋戦争をめぐる日本の歴史問題に絡み「過ちは誰でもあるが、過ちを認めることをためらうことこそが本当の過ちだ」と述べ、日本の姿勢を批判した。

時事ドットコム

 【ニューヨーク時事】米ニューヨーク州上院は29日、旧日本軍の従軍慰安婦問題について、「人道に対する罪」との表現を使って事実上、これを非難する決議案を採択した。
 決議案はニューヨーク市近郊の公園に2012年6月に「慰安婦の碑」が建てられたのを記念し、今月、上程された。「日本がアジアと太平洋の島々に対し、植民地支配と戦時占領を行った1930年代から第2次世界大戦の間、約20万人の若い女性が強制的な軍の売春である慰安婦システムに従事させられた」と指摘。慰安婦の碑は、人道に対する罪を思い起こさせる役割を果たすとしている。

安倍は大きな矛盾を抱えている。

ASEAN諸国とアメリカと関係を強める事で中国包囲網を作るのであれば、歴史問題はそれを根底から覆す。

そしてそれらの国の理解と協力を得ながら憲法改正を進めようというのならなおさらである。

歴史問題と憲法改正、二つを手にすることは決してできない。

そしてどちらを取るかといえば勿論憲法改正だろう。

歴史問題に拘る人たちの気持ちも分からないではない。しかし歴史問題は得るものが少なく失うものがあまりに多い。

今世紀日本が抱える最大の問題は間違いなく対中国問題であり、それに対応する態勢を作る事が何よりも大事だ。

高度成長時代が終わりを迎えた中国は国内の不満をそらす為、これまで以上に周辺国を脅かすだろう。

それに対抗するにはASEAN諸国やアメリカなどと連携を緊密にしなければならない。そのためには戦後の秩序を受け入れるしかないのだ。


■君子豹変し偉大な指導者となれるか

指導者になったとたんに豹変することで偉大な功績を残した政治家は多い。

例えばフランスのドゴールである。

彼は植民地の独立運動を押さえ込もうとする軍部などに支持されて再登板したが、大統領になると自身を担ぎ上げた人々を裏切りアルジェリアの独立を認めてしまう。また他の植民地にも大幅に自治権を与え、それらの地域はやがてフランスから独立して行った。

領土を捨てた売国奴ということで右翼や軍部から激しく批判され、反乱や暗殺未遂が相次いだ。

しかし、結局植民地の独立戦争を回避したドゴールの判断によりフランスは平和と繁栄を再び手にすることができた。

ドゴールの概要。wikiだけど。
シャルル・ド・ゴール - Wikipedia

安倍晋三もドゴールのように支持者を裏切らなければならない。

安倍の進むべき道は大体見えているように思える。

国内では政治を安定させ経済も成長させ07年の失敗を教訓に再分配をしっかり行う。一方国外ではアメリカとASEAN諸国、インド、オーストラリアそしてロシアなどとも連携し中国包囲網を敷く。

経済成長で国民の信頼を得、歴史問題を受け入れる事でアメリカやASEAN諸国から信頼を得ていく。

そして最終的には憲法改正を果たす。

歴史問題は安倍の代名詞と言えるものなのでそれを受け入れる事は自己否定に繋がる。総理の座から逃げ出した後も支持し続けてくれた人々を裏切ることにもなる。その決断はかなり難しいのは間違いない。

しかしそこを乗り越えられれば視界は一気に開けると思う。

国内政治は第2極の座を巡る争いがまだ当分続く空気が濃厚で、その間は自民党の1強時代が続く。一方国外では中国が成長の鈍化と共に一層の拡大政策を取らざるを得ないので必然的にアメリカやアジア諸国と日本の関係は強くなる。

もし安倍が2期8年ぐらい総理を務め、政治の安定、経済の再生、中国包囲網の構築、憲法改正の全てを成し遂げたとしたら、小泉や中曽根は勿論、祖父の岸信介佐藤栄作、そして吉田茂をも超えて戦後最も偉大な宰相となりえる。

まだ政権発足1ヶ月の時点で妄想しすぎかもしれない。ただ環境は整いつつあるように見える。また、オカルト的だが総選挙で安倍は『異様』な運のよさをみせた。彼に奇妙な追い風が吹いているように感じるのである。

安倍の夢は祖父越えであるということがよく言われるが、それは決して不可能ではない。いや岸信介どころか戦後の総理全てを超えてしまうかもしれない。

安倍晋三が偉大な指導者となりえるかどうか、全ては彼が歴史問題を受け入れることにかかっている。