【政治】左派を取り込む『保守』

政経ch - 小林よしのり氏「オウムと戦ったときと同じようにネトウヨと戦う。ネトウヨの教祖が安倍首相であること、もっと国民に知らせる」

小林氏は憲法96条改正について、テレビや新聞の取材が増えてきていることを明かしており、「自称保守で改憲派は、安倍政権マンセー状態で、思考停止である。リベラルや護憲派は、もう悪性ナショナリズムに流されるままで、言葉に力を持たない」ことから、以前から安倍政権を批判している小林氏への取材増加に繋がったと分析している。

AKBキ○ガイと思っていたが小林よしのりはなかなか世の中の空気をちゃんと読んでるなと感じさせられた。

09年の政権交代により日本の左派は政治的に終わりを迎えた。小林よしのりが言っているように『言葉に力を持たない』日本の左派が求めているのは彼らから見て良心的な保守である。

今メディアでは左派の代弁をしてくれる保守派の人間を求めている。保守というラベルを貼ることによって左派の主張に少しでも説得力をもたせようとしているのだ。

改憲派で96条改正に反対の小林節が取り上げられた毎日新聞の記事などはその典型である。

これね→毎日新聞

これを読んだ時は思わず笑ってしまった。最初からずっと改憲派小林節に96条改正や安倍に対する批判をさせ、最後にこそっと護憲派である日弁連伊藤真を差し込んでいるのである。

お前らそんなに護憲派であることに自信がないのか、と笑ってしまった。改憲派の背中に隠れる護憲派の姿は滑稽でそして哀れでしかなかった。

こういう良心的保守派の背中に左派が隠れる場面を最近本当によく目にする。ネトウヨ在特会関連でよく出てくる一水会鈴木邦男サンデーモーニングで左派を慰めている河野洋平などが持ち上げられたりしているがこれも典型的だ。

ただこの良心的保守を利用する左派という図式は視点を変えると、政治的に終わった左派を取り込む保守派という構図になる。


■左派を取り込む保守非主流派

小林よしのり小林節鈴木邦男河野洋平、皆今の保守のメインストリームから外れた人たちだ。

保守派のなかでハブられている彼らから見れば、政治的に終わったが数だけはまだ多い左派というものが非常に美味そうに見える。

そしてその左派のうまみに初めて目をつけ、さんざん食い物にした保守政治家がいる。

小沢一郎である。

新進党、自自公連立、全ての試みが失敗に終わった事に加え小泉純一郎が登場したことにより小沢一郎という保守政治家の役割は完全に終わってしまった。

その終わった保守政治家が目をつけたのが民主党左派である。松下政経塾出身らがブイブイ言わせる民主党内で影の薄かった労組系議員たちの代弁者になることで小沢はたちまち民主党左派を乗っ取ってしまった。その過程で多くの左派というか左翼が小沢信者化していった。

また、小泉改革という保守内部の激しい政治闘争の結果自民党を追われた亀井静香鈴木宗男佐藤優)といった保守派たちも小沢と同じように次々と左派に接近していった。

こういうメインストリームから落ちた保守派が左派を取り込むパターンは09年までは政界だけであったが、政権交代が失敗し日本の左派が本格的に終わるとこのパターンが政界以外にも一気に広がったのである。

ネトウヨを叩けばわしの株があがる』と小林よしのりは語っているがこれは現状を端的に表している。

つまり安倍やネトウヨを批判して株を上げるのもまた保守なのだ。リベラルや護憲派ではないのである。

冷戦が終わり政治的衰退が続いてきた日本の左派は政権交代の失敗により完全に終わった。

これから左派は保守の草刈り場になりその勢力争いに利用されることになる。

そしてやがてリベラルや護憲派は散り散りになり保守に内包されることになるのだろう。