【政治】安愚楽海江田さん続投決定!?

都議選の告示が間近にせまり本格的に選挙の夏が到来したのですが、案の定というか早速安倍晋三が勇み足のラッシュを繰り出しマスコミや野党が総ツッコミするという去年の衆院選そっくりな展開になっているわけであります。


読売からも『年収、総所得どっちやねん』とのツッコミが
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130608-OYT1T01131.html

安倍『反TPPの左翼が騒いどったわ笑』
http://matome.naver.jp/odai/2137082506375965801


何でしょう、この絶望的な脇の甘さ。関係者、特に官房長官が頭を抱えているのが目に見えるようです。ただ、これだけ自滅技を繰り出しながらも自民党が圧勝してしまうのも去年の衆院選と全く同じ。なんという塩試合でしょう。投票率だだ下がり間違いなし。


株価暴落にもかかわらず微減な内閣支持率+自民党支持率
NHK −3%
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130610/k10015203031000.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

JNN -3.7%
http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20130608/q1-1.html

朝日新聞 -6% 
http://digital.asahi.com/articles/TKY201306090137.html?ref=comkiji_txt_end

朝日新聞だけは何故か原発利用の数字だけを無料の部分に掲載しているのが色々朝日の思惑が透けて見えて味わい深いです。それはともかく目につくのが維新の会の凋落。頼みの『投票先』でも民主党に及ばなくなってきています。まあ自業自得といえばそうなのですが。

しかしこうなってくると民主党野党第一党の地位を保つことが出来るわけで。となると安愚楽海江田さんが続投する可能性が俄然高まってくるのです。野田前代表の後を引き継いだ海江田さんは任期を2年以上残しています。野党第一党の地位を何とか保った、任期もまだたっぷりある、ということになれば安愚楽さん・・ちがった海江田さんを引きずり下ろす名分が無くなるわけであります。

民主党自身も維新の会に抜かれることを前提に参院選までの臨時で海江田さんを代表に据えたフシがあり、こういう状況になって頭を抱えている人は多いように思われます。『え・・・2015年まで海江田が代表?まじかよ―』という民主党議員たちの嘆きが聞こえてきそうです。

また、有力対抗馬の細野豪志さんも幹事長という海江田さんを支える立場にいます。幹事長がトップを引きずり下ろすのは、石原伸晃さんが谷垣さんを引きずり下ろした挙句明智光秀の汚名を着せられ総裁選でボロ負けし実質政治生命が絶たれたようにかなり難しいものです。

2013年の参院選自体は大体結果が見えていて、おそらく小泉フィーバーで自民党が大勝した2001年の参院選に近い結果になるはずです。尤も野党への期待が無くなってしまった今ではさらに差は開くでしょうが、全体的な形としては近いものになるでしょう。自民党は選挙区でも比例区でも圧勝。民主党は二人区以上の選挙区で議席を獲得するが比例は低迷。残りの政党は軒並み一桁。そういう形になると思います。

それにしても慰安婦問題が安愚楽海江田さんの2015年までの続投を決めたとしたなら、なんというかバタフライ効果的な感じで興味深いです。



まあ個人的には安愚楽さん大歓迎なんですが、民主党の議員や支持者の人たちがどうするか。踏みとどまったのに代表を引きずりおろされるというのもスジが通らないでしょうし労組非労組の対立もありますし、見ものですね。