なぜ左派は負け続けるのか

なぜ日本の左派はこんなに弱いのか?ネトウヨが歴史を振返りながら考察するブログ

【国際】韓国の異常な反日の背景

韓国の反日に対する反感が広く一般の人々まで広がっており、それらに迎合するような記事もよく目にするようになったが、大抵は酷く内容が薄いものばかりで「なるほど」と思わせるものはほとんどない。

無い無いと文句言うばかりではあれなので、韓国の反日、特にパククネ政権の異常な反日について自分なりに分析してみようと思う。


■韓国が抱える矛盾

韓国の反日を考えるにあたって一番考慮しなければならないのが現在の韓国が抱える経済と安全保障の矛盾である。

韓国は安全保障では米国に大きく依存する一方で、経済は既に中国抜きでは成り立たなくなっている。

従って韓国にとって、米国が進める日米韓という安全保障の枠組みに組み込まれることは中国の反発を招くことになる為になんとしても避けたい。

今のパククネ政権は、安全保障で依存する米国とも経済で依存する中国とも良好な関係を築きつつ、米国が進める日米韓の軍事的な枠組み(彼らが言うところの新冷戦構造)に引き込まれることをなんとしても避けようとしているのだ。

そして、その解が慰安婦問題といった歴史問題で日本を叩くということだった。

「日本が慰安婦問題などで我々を刺激するために日米韓の連携が取れない」というように歴史問題を理由に日米韓の対中連携を拒み、一方で日本を非難することで尖閣問題で日本と緊張関係にある中国の歓心をかう。

米国と中国と良好な関係を維持しつつ、日米韓連携という枠組みを拒むには日本を悪者にすればいいという結論になる。

これがパク政権の異常な反日の背景にあるものである。


■計算が狂った韓国

しかしここに来てパク政権の計算が大きく狂い始めた。

日米安全保障協議委員会で米国が日本の集団的自衛権行使容認を歓迎することを表明したのだ。

この2プラス2の直前、韓国を訪問し日米韓の連携を求めるヘーゲル国防長官に対しパククネ大統領は慰安婦問題を持ち出し、慰安婦問題など歴史問題がある限り日米韓の連携も日本の再軍備も受け入れられないと主張したが、結果的に米国に完全に無視された形となった。

今回の件で米国は慰安婦問題といった歴史問題よりも日米韓が連携して対中国、対北朝鮮の安全保障体制を構築することが優先すると明確に示した。

これによって日本を歴史問題で悪者にすることで日米韓連携の枠組みを拒みつつ米国と良好な関係を築こうとする韓国の目論見は破綻した。

米国にとって優先順位の低い歴史問題を盾に日韓の首脳会談さえもあくまで拒み続けるパククネ政権に対し、米国内では日米韓の連携を乱す存在という見方が急速に広がっている。


と、まあ以上が最近の韓国の反日に対する自分なりの分析である。

このような視点で見ると韓国の反日ニュースも分かりやすくなると思う。

・韓国、国連委で日本に謝罪要求 慰安婦を柱に演説
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013101201001083.html

パッと見、クレイジーとしか思えない韓国の行動だが、上の視点から考えればわかりやすい。米国からは明確に慰安婦問題は日米韓連携を拒否する理由にはならないと示されたことに対して、いや慰安婦問題は極めて重大であり日韓の協調を拒否するに十分な問題だと改めてパク政権側は主張しているのだ。

今回の国連委でパク政権の視線の先には日本ではなくおそらく米国があったのだと思う。


嫌韓・嫌中の構造を、鋭く分析してみた
http://toyokeizai.net/articles/-/21497

韓国の文化として、怒っているときは口を利かない、会わないというのは基本であり、私の歴代韓国人彼女も怒ると本当に長い間私を無視したものである。なお仲直りにはいつも仲介者を必要としたので、アメリカを介して双方と密約して仲直り、という流れだろうか。

国家間の外交と一般の人間の付き合いを同列に語っている時点でお笑いなのだが、アメリカを介して双方と密約して仲直りという流れという予想にも笑ってしまう。

繰り返しになるが米国が韓国に求めているのは対中朝の日米韓連携であり、日韓が仲直りするということは韓国がその安全保障の枠組みに組み込まれることを意味する。

しかし経済的に既に中国から離れられない韓国にとってそれは非常に厳しい。

だからヘーゲルの調停をパククネは蹴ったのである。

韓国の反日を「日本の極右政治家が過去の謝罪を否定するから韓国側に不信感が生まれる」という分析のどこが鋭いというのだろうか。不信感があるから、嫌いだから会わないなどという好き嫌いの感情など国家間の外交には存在しない。

存在するのは国家の利益の追求のみである。パク政権も自国の利益を追求しているのだ。韓国の国益にかなうから日本をたたいている。ただそれだけだ。


■パク政権の反日の行方

最後に、パク政権の反日はこれからどうなるだろうか。

おそらくそれほど長くは持たないだろうと私は思う。

米国が慰安婦問題を対中朝鮮の日米韓連携の障害とみなさないことがはっきりした今、あくまで慰安婦問題にこだわり日韓関係修復を拒否し続ければ米韓関係まで毀損する恐れがある。実際にその兆候は現れている。

しかし日韓首脳会談を行い日韓関係を修復してしまうと、韓国は米国が進める対中朝鮮の日米韓安全保障体制に引きずり込まれてしまい韓国経済の命運を握っている中国との関係が難しいものとなってしまう。

また、慰安婦問題などで一切譲歩しないだろう安倍政権から何も得ることもできずに日韓首脳会談に応じてしまうとパク政権の支持率も急落する可能性が高い。既に社会福祉などの公約修正で批判を浴びている上に、対日強硬姿勢すら転換せざるを得なくなったら世論の激しい非難は必至だろう。

行き詰まりを見せているこのパク政権に対して安倍政権は非常に上手く対応している。安倍晋三は事あるごとに韓国に対話を呼びかけ、APECでも「韓国料理をよく食べます」などといってパククネに話しかけたりしている。下手に出ることでパク大統領の異常な頑なさを浮き彫りにしようとしているのである。

そしてそれはうまくいっている。日韓首脳会談を求める声は日本だけでなく米国、そして韓国内の一部にも広がり始めた。

しかし、歴史問題で日本を叩くことが外交方針の根幹であったパク政権が関係修復の日韓首脳会談に応じるということは、外交に完全に失敗し終わることを意味する。

パク政権の外交政策は、歴史問題で中国と共に日本を叩く一方で日米を離間させることであった。

当初は上手くいくかにみえたが、中東政策の失敗や国内政治の混乱などで急速に力が衰えた米国が日本の力に頼らざるをえなくなったことであっけなく破綻した。

パク政権が日韓首脳会談を拒み続ければ韓国は米国の不興を買うことになる。しかし日韓首脳会談を行ってしまうとなし崩し的に中国・北朝鮮vs日本・米国・韓国という韓国が恐れる新冷戦構造に引きずり込まれることになり、当然中国からの強い反発にさらされることになる。

米国と中国にはさまれ、行くも地獄、帰るも地獄な韓国。しかし進む道は一つしかない。日韓首脳会談がパク政権の終わりと韓国の地獄の始まりとなる。

未だにパク政権は歴史問題がこの地獄から逃れる魔法のカードだとなんとか信じようとしているが、外堀はほぼ埋められつつある。パククネの頑固さが異様だと受け止められる雰囲気が急速に広まっている。

おそらく日韓首脳会談が行われるのにそれほど時間はかからないだろう。時間がかかれば掛かるほど拒否するパク政権側に不利になるからだ。

そして日韓首脳会談に応じた瞬間、パククネ外交は完全に終わることとなる。

首脳会談で安倍晋三と握手をするときパククネは果たしてどんな顔をするだろうか。