【国際】現実逃避する韓国

・韓国が竹島で軍事訓練
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131025/k10015547451000.html

韓国面白すぎる。

自分から追い込まれすぎでしょ。笑。


■歴史問題に続き領土問題まで掛け金にする韓国

韓国外交の現状を簡単に説明すると、韓国はパク政権になって米中と仲良くする為に北朝鮮と日本を叩く外交方針を採っていた。

北朝鮮の核に対抗する為に米国と連携し、歴史問題で日本を叩く為に中国と連携するという形だ。

また歴史問題には北朝鮮の核に対抗する目的で米国が主導する日米韓連携に韓国が組み込まれる事を拒否する言い訳という意味合いもあった。対北朝鮮包囲網は実質対中国包囲網であったからだ。

しかし日米2プラス2において米国が『北朝鮮の核は歴史問題より優先するよー』と示しちゃったので、北朝鮮の核と歴史問題を同列にしようとしていた韓国は逆にどちらを優先させるのか米国から踏み絵を迫られる事になった。

慰安婦問題や靖国問題で韓国が騒いでいたのは色々な狙いがあったのだろうが、おそらく一番大きかったのは北朝鮮の核に対抗するという目的で米国が進める極東アジアの新しい安全保障の枠組みに韓国が組み込まれ中国から攻撃されるのを避ける事だろう。

その韓国としては日本と関係を修復してしまうと日米間連携を拒否する言い訳がなくなってしまうわけで、何としても日本と揉めていなくてはならないということになる。

で、歴史問題でごねまくったわけなのだが、結局米国から『北朝鮮の核と歴史問題どっちが重要やねん』と問い詰められた。

パク政権自体は未だに『どっちも大事!』と突っぱねているが、北朝鮮の核を優先し日韓首脳会談で日韓関係の修復に乗り出すべきという声が日米のみならず韓国内にも広がりパク政権は崖っぷちに追い込まれていた。

というわけで米国が『北朝鮮の核が最優先』と示した以上、韓国も歴史問題にいつまでも拘り続けることはできず、いずれ取り下げ日韓首脳会談に応じざるを終えないだろうと私なんかは考えていたのだが、ここにきて竹島で軍事訓練である。

そこまで日韓関係修復したくないのか。笑。

まあ日韓関係修復してしまうと韓国のバランサー外交(笑)が破綻してしまうので何としても避けたいのは分かるが。

でもはっきりいって今回のこれは誰が見ても上手くない手だろう。笑。

歴史問題が詰んだからといってこんどは領土問題と北朝鮮の核問題を同列にしようなんて無理がありすぎる。

歴史問題同様、北朝鮮の核問題とどっちが大事なんやと米国から迫られ、国内の親米派からも突き上げられて詰むのは目に見えてる。


■現実逃避する韓国

日本から韓国を見て一番不思議なのは、韓国にとって最大の敵は北朝鮮であり最大の脅威は北朝鮮の核なはずなのに日本に対して北朝鮮以上の敵意を韓国が向けてくる事だ。

天安沈没事件や延坪島砲撃事件で何人も韓国人が死んでるのに、何にもしてない日本を北朝鮮以上に憎悪するって可笑しくないか。

まあ私なりに分析すると、韓国人は口では統一といいながら内心では経済的負担の為に絶対に統一したくないと考えている。また中国からきついプレッシャーをかけられている。韓国が歴史問題や竹島の問題で発狂するのはよりリアルな北朝鮮と中国の問題から逃れる為なのだろう。

つまり韓国人にとって反日は現実逃避なのだ。

日本から見れば問題の優先順位が滅茶苦茶と思えるが、彼らは歴史問題や竹島愛を叫ぶ事でより深刻な問題である北朝鮮と中国の問題から目を逸らし彼らの精神をなんとか保とうとしているのである。

そんな身勝手な韓国の振る舞いだが、今までは日本と米国に余裕があったから韓国の現実逃避に日米は付き合ってきた。

しかし日米共にすでにその余裕は無く、米国は日米2プラス2で北朝鮮問題最優先を明確に打ち出し、韓国に問題の優先順位を考えるよう迫った。

今、韓国は岐路に立っている。北朝鮮の核という現実の敵を見据えるか、それとも反日という夢に酔い続けるか。

北朝鮮の核問題に慰安婦問題や靖国問題を一体化させようとして失敗したにもかかわらず、今度は竹島問題まで持ってくるあたりに韓国の現実逃避の病が如何に深いかが見て取れる。

果たして韓国人が夢から覚める時は来るのだろうか。