【おまけ】東電撤退に関する野村修也弁護士のtwiiterまとめ

 

おまけです。

 

国会事故調で委員をしていた野村修也弁護士が一連の東電撤退問題に関して分かりやすくまとめていたので紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うう・・・なんという分かりやすさ。

 

こんな感じな事を自分も言いたかったのだ。笑。

 

これに付け加えるとしたら菅元総理ヒーロー説を菅直人や当時の官邸メンバーが事故直後の証言を変えてまで広めた動機についてである。これは推測だが彼らは官邸の過剰介入を正当化したかったのではないかなと。東電が逃げ出そうとしていたなら福島第一原発の現場視察も東電本店乗り込みも菅直人が怒り狂っていた事も全てが正しい事になる。

 

自分達の過剰介入を正当化したい菅直人らの主張する東電が逃げようとしたという話は原発を止めたい朝日新聞にとっても魅力的な『分かりやすい話』だった。『東電全面撤退』はそうした東電を悪者にすることで利益を得ようとする両者による悪魔合体の産物だったのだろうと思う。